相手の話を聞くのが疲れるとき

こんにちは。

口べたでも相手がつい買っちゃう!

口べた営業成功術みかみです。

 

『この人話長いなぁ…。』

『ずーっと話し続けられて、口を挟む隙がない!!』

口べたさんあるあるです。泣

 

とにかく皆さん、自分の話を聞いてほしいんです。

人間誰しも、自分のことをわかって欲しいんです。

 

言い訳をしたい、優越感に立ちたい、自分は偉いんだということを誇示したい、話して鬱憤晴らしたい!

色々あります。

でも聞いてる方としてはうんざりですよね。

 

だからと言って途中で話を遮ったり、ダミーで電話をかけたり、沈黙で相手を黙らせたりしてはいけません。

こんな時こそ信頼関係を作ってください。

 

つまり、気持ちよく聴きましょう。

そして、自分が決めた時間になったら切り上げましょう。

 

その時にポイントとなるのが

「わたしもお話伺えて楽しかったです」というスタンスを貫くこと。

そうすることで「今度はあなたの話も聞かせてね」となったり、この人といると気持ちがスッキリするなぁ、とまた会いたいと思ってもらえます。

 

是非試してみてくださいね^^

▼話が長い人に捕まったとき

 

▼▼LINE@登録特典▼▼
LINE@の登録はこちらをクリックして豪華3大特典プレゼントをゲットしてくださいね^^
出版1日目にして「Amazonランキング1位」を獲得した電子書籍、他豪華3大特典有り♡

友だち追加

※クリックで登録ができなかった方はID検索「 @miryoku 」から登録をお願いいたします。