聞き上手な聴き方ってどんなの?

こんにちは。

口べたでも相手がつい買っちゃう!

口べた営業成功術みかみです。

 

「聞き上手な聴き方」

読んで字のごとく、「きく」という漢字は2種類あります。

  1. 聞くとはー音・声を耳で感じとる。耳に感じて、知る。
  2. 聴くとはー心を落ち着け注意して耳に入れる。傾聴する。

 

つまり、ただ音として聞いてるのか・注意して聴いているのか、の違いですね。

 

聴き上手な人は、「聴いて」います。

相手が何を言いたいのか、何をわかってほしいのか、そんなことを考え、相手に向き合っています。

 

会話を、ただの音としてではなく相手の思いを汲み取るためのプロセスとして話を聴きましょう。

そうすることで、相手からは信頼され、この人だったら大丈夫!と思ってもらうことができるのです。

 

是非試してみてくださいね^^

▼聞き上手な聴き方ってどんなの?

 

▼▼LINE@登録特典▼▼
LINE@の登録はこちらをクリックして豪華3大特典プレゼントをゲットしてくださいね^^
出版1日目にして「Amazonランキング1位」を獲得した電子書籍、他豪華3大特典有り♡

友だち追加

※クリックで登録ができなかった方はID検索「 @miryoku 」から登録をお願いいたします。