土下座に土足の衝撃ー自分史⑲ー

自分史ブログ⑲です。

(→自分史ブログ:まとめ記事はこちらをご覧ください!)

 

 

 

アイパーのお兄さんは部長でした。

面接が終わった後、人事のおじさんに「本当に大丈夫ですか?」と言われる始末で^^;

しかしやると決めたからには女に二言はない!!!ということで、次の日から研修が始まりました。

 

一週間の研修後、わかったことは「またやばいところに来てしまった」

 

色々おかしすぎてどこから書いていいのかもはやわたしにもわかりません。

主に業務はテレアポで、それぞれデスクの上には灰皿が完備され、話し込むとデスクの下に潜り込んでタバコ吸いながらの長話。

わたしがテレアポを始めた初日に、遅刻して来た隣の席のホスト上がりの10代の男の子は、土下座に土足で踏みつけられてました。

電話をかけるリストは、名簿屋から買った古い情報で。

会社にも個人宅にもかけまくりますが、すでに何度もかかって来ているご様子でほぼガチャ切りです。

 

これは…前の職場よりも非効率!!

 

というかかろうじて形はあるものの、会社の体をなしてません^^;

社員は人事のおじさん以外、10代から20代のヤンキー、チンピラ、ヤ○ザまがい。

みんな派手なスーツで…素肌にもみなさん派手な模様が入っていましたよね。

 

投資マンション自体、わたしはすごく魅力を感じてたし、物件がよければ恥ずべき仕事ではないと思っていたのですが。

ふと壁を見ると東京都からの訓告が貼ってあったり、業務停止になった過去もあるようでした。

アポが取れると、見るからにやばそうなスーツの裏地に虎の刺繍入れてるお兄さんが、ファミレスでサラリーマンにプレゼンするんです。

そもそも見た目がやばいので、会った瞬間帰ろうとする人も。

結局ファミレスで10時間帰さないで詰め続け、警察を呼ばれたこともあったそう。

 

それ、仕事と呼べるのかな?わたし、何してるのかな?

 

どんどん悪い方に転がってる気がして、、、

「前の会社辞めたばかりでまたすぐ辞めるの!?」

「いやいや、また限られた時間の無駄遣いするの!?」

って、自分の中で自問自答が始まりました。

 

 

 

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

明日も6時にアップしますね!

 

▼▼LINE@登録特典▼▼
LINE@の登録はこちらをクリックして豪華3大特典プレゼントをゲットしてくださいね^^

出版1日目にして「Amazonランキング1位」を獲得した電子書籍、他豪華3大特典有り♡


※クリックで登録ができなかった方はID検索「 @miryoku 」から登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です